消費者金融 ブラックでも比較的借りやすい業者

消費者金融の中でもブラックリスト入りした人が比較的、借りやすい業者の口コミ情報などを掲載していきます。

ブラックでも消費者金融から借りれることはある

借金というとあまり良いイメージをもたれていない事も多いですが、実際に銀行から住宅ローンを借り入れてマイホームを手に入れている人もいますし、クレジットカードでのショッピングもいわば借金です。そして最近は分割払いも多くなり、家電量販店では独自の分割払いサービスを提供していたり、スマートフォンを分割で支払っている人も多いのではないでしょうか。キャッシングサービスの利用者自体も多くなってきていますし、最近はよくテレビなどでも消費者金融のCMを見ることが多くあります。有名なタレントさんを使ったりしてイメージアップをはかったりしていますが、業界全体でみればなかなか大変なようです。しかしその分、業者側も審査のハードルを下げてお客さんを多く囲い込もうとしている側面もありますから、以前に比べれば融資を受けることが簡単にはなってきているようです。
ただ、その手軽さから借金を多く利用し、多重債務になってしまったりして返済が追いつかずに長期延滞してしまい、ブラックリスト入りしてしまっている人もいます。やはりブラックリスト入りしてしまうと一気に審査を通ることが難しくなり、新たにキャッシングを受けたりクレジットカードを作ったりすることができなくなります。それまでは普通に利用できていたキャッシングなども融資を打ち切られてしまうこともあります。借金に頼りすぎている生活をしてしまっていると、いざブラックリスト入りしてしまってからこの現実にぶち当たり、困っている人も多いようです。
しかし、ブラックの人が借り入れできる業者がないわけではありません。その数はそれほど多くありませんが、業者の中にはブラックの人でも対象として融資をしてくれる業者があります。ブラックの人は過去になにかしら業者側にとってもよくない理由の金融事故を起こしてしまっているわけですが、そのような人をも対象として迎え入れなければ商売が成り立たないという、規模の小さい業者があります。ほとんどの人は大手の消費者金融へ申し込みをしてしまいますから、なかなかそういった小さい業者へはお客さんがきません。ですから、大手よりも審査基準を下げて、ブラックの人でも対象として融資をしてくれるわけです。もちろん業者側にとってはまたなにかトラブルを起こされてしまう可能性もありますから、リスクは高いです。ブラックリスト入りしていない人を対象として融資していたほうが安全ですが、そういった人はほとんどがもう大手のキャッシングを利用しているでしょう。大手で断られてしまった人がこういった小さい規模の消費者金融へと流れてきます。しかしそれは、小規模の業者であればブラックの人も借り入れできている事実の証明とも言えます。

ブラックでも融資OKな消費者金融

生活をする上でどうしても現金が必要という場面がありますが、そんな時にどうしても手持ちがなかったり、口座にもそれほどの金額が無いということもあるでしょう。その際にキャッシングから融資を受けられるのはたいへん便利なサービスです。

しかし、過去の借り入れでブラックになってしまっていると、それまでは普通に融資できていたキャッシングも利用しづらくなってきます。
消費者金融からキャッシングを受けられるというのは便利なものですし、業者によってはコンビニのATMから24時間いつでも自由にすぐ現金を引き出すことができたりしてしまい、ついついまるで自分のお金のような感覚で使い込んでしまうケースもよく見られます。

支払いの期日に間に合わず、支払いが滞ったままで3ヶ月経過してしまうとブラックリスト入りとなります。
最初は1社のみだったキャッシングの利用も、返済ができずにまた新たにもう1社から融資をうけて返済に回し、また返済が間に合わず…というパターンに入ってしまう人もいます。これは多重債務になってしまう可能性が高いですから、きちんと計画的な返済をするべきでしょう。これが原因でブラックリスト入りしてしまうと、新たに借り入れができなくなってしまい、返済が一気に大変になってしまう可能性もあります。
多重債務を抱えてしまう人が最後は自己破産をしたり、債務整理をする人もいますが、これも延滞と同じようにブラックリスト入り扱いをされる金融事故と見なされますから、また余計に借り入れは困難となります。
なるべく借金を重ねないように途中で気付きたかったものですが、実際はやはりブラックリスト入りして新たに融資を受けられなくなって初めて大きな借金をした事を実感する人も多いです。

業者側も商売ですから、貸し倒れとなる可能性をもっているブラックの人に対してはなかなか融資をしない傾向にあります。それも当然のことですが、ブラックの人を審査落ちとしてしまっていては融資対象となる人自体が少なくなることも考えられます。中小の消費者金融ほど、申込者は少ないわけですし、大手の業者から融資を受けられずに中小のほうへと移ってきたブラックの人も申し込んでくることが多いですから、決して無視してはいられないのです。
ブラックの人が狙うべきはこの中小の消費者金融です。その業者にもよりますが、大手よりもブラックの人へも柔軟な対応で審査を行ってくれます。

ブラックや専業主婦の人でもキャッシングは可能

通常の正社員以外はキャッシングが難しいのではないかという人も多くいらっしゃいます。
キャッシング業者選びを間違えなければ、正社員でなくとも実は借り入れが可能です。

アルバイト勤務やパートタイマー、派遣社員などの非正規雇用の人も借り入れることができますし、それ以外にも学生や主婦だったり、年金受給者や生活保護受給者でも対象となる事があります。これらは額が少なくてもそれぞれに収入がありますので、いくらかの返済能力が見込めます。

では、専業主婦の方はどうでしょうか。もちろん専業主婦も立派なお仕事の1つですが、直接の収入がご自身にありませんから、言ってしまえば無職の人と収入状況は同じととらえれしまうこともできてしまいます。キャッシング業者から見れば無職の人に融資をするというのはかなりのリスクですからほとんどの業者は嫌がるでしょうが、専業主婦に関しても同じような対応をとられてしまうのでしょうか。

答えから先に申し上げますと、専業主婦の方でもキャッシングする事は可能です。
どいうった手法を使うかというと、その業者次第にもなってくるのですが、よくあるのは旦那さんの収入を担保として契約するのです。旦那さんは収入があるわけですから、その収入をもって返済してもおうということです。
その場合、審査には主婦の方の名義で借りることになりますから、ご本人の身分証の提出などと合わせて、旦那さんの収入証明や、旦那さんとの婚姻関係を表す住民票などの提示を求められます。また、業者によっては旦那さんの同意書を必要とする場合もありますから、ちょっと面倒と感じる人もいるかもしれません。ここまでの労力を必要とする為に業者側が専業主婦へ対してお断りの姿勢をとっていることも多いのです。
きちんと旦那さんの同意を得られるような理由でキャッシングを受けられるのであれば問題ないでしょう。

また、主婦の方も旦那様もどちらかでもブラックであると借り入れできないということもありません。確かに業者によってはブラックリスト入りしている人を厳しく審査し、結果キャッシングをしてくれないところもあります。しかし、専業主婦の方を対象としてくれる業者はそもそも経営方針としてかなり審査全体が甘めの融通のきく業者である事が多いですから、ブラックであっても融資してくれる可能性は大いにあります。

生活をしていく上でどうしても出費が必要となる場面は多々でてきますが、そういった状況でも現金を即日でも融資してくれるキャッシングを受けられるのはとてもありがたい存在です。専業主婦の方は働きたくても多忙のためにお勤めできない方も多いでしょうから、旦那さんの収入だけでは賄えない場合にも重宝するキャッシング業者と上手くおつきあいし、計画的に利用していきましょう。

  • ライブドアブログ