消費者金融 ブラックでも比較的借りやすい情報・口コミ

消費者金融の中でもブラックリスト入りした人が比較的、借りやすい業者の口コミ情報などを掲載していきます。

消費者金融会社からブラックでも借りれる

ブラックと呼ばれている状況というのは、正確には個人信用情報機関へ金融事故が起きた履歴である「異動」という情報が記録されている状態の事をいいます。この記録がなければブラックリスト入りしていると呼ばれている状態ではないのですが、個人信用情報は他の金融業者にも見られてしまいますから異動の記録があると「この人は金融業者にとって信頼を著しく損ねた人物」として認識されることになってしまいます。そうなるとやはり新規で申し込みを受け付けた業者側も審査の段階で慎重となり、ほとんどの業者ではブラックリスト入りしている人には融資をしないと決めていることも多く、その為にブラックリスト入りしている人はなかなか審査通過することができなくなっているのです。

ブラックリスト入りしている人へもお金を貸し出せば、もしかするとそのお金が返ってこないリスクもあるわけです。業者側からすればそれはマイナスです。本来であればその貸し付けたお金のうち、少しずつ毎月回収をし、その際にプラスして請求する利息によって利益を生み出しています。しかし、その利息はおろか、貸し付けた元金すら返ってこずマイナスとなってしまっては、またその分を他の顧客へ融資した利息分で回収する必要があります。1度に何十万円も貸し付けることなんてよくあることで、その融資を審査の段階で見極めることはなかなか難しいものです。できればこのブラックリスト入りしている人へは融資をしたくないと考えるでしょう。

しかし、あまりお客さんの申し込みが少ない消費者金融にとってはできる限りその申込者に対して融資をしたいと考えます。ブラックの人でも貴重なお客さんです。小規模の業者ですと、大手で断られてしまったブラックの人が申し込んでくる割合も高いですから、ブラックの人でも貴重なお客さんです。ただ、ブラックの記録がある人でもいま現在はきちんと返済をしていて、きちんと安定した収入がある人もいますから、そういった方であれば貸し付けをしてもいいと判断されます。ブラックで今まで断られてしまっていた人でも毎月給料が支給され、今後も安定した返済ができると判断してもらえれば、小規模の消費者金融から借りれる可能性はあります。

消費者金融におけるブラックリストとは

ブラックリストに入ってしまうと一般的なイメージでもそうですが、なかなか借り入れが難しくなります。それまでは普通に審査通過できていたような、きちんと収入があって、きちんとした職業についていた人であっても、ブラックリスト入りと同時に急に審査に落ちてしまうことが多くなってしまいます。

消費者金融側からすればブラックリスト入りしている人というのは過去になにかしらの、業者側にとってデメリットとなる事柄の事情がある人です。返済の支払いを延滞してしまっていたり、自己破産の手続きをとってそれまでの借金を帳消しにしてしまっている過去があります。確かに業者側からすれば、また同じように繰り返されてしまう可能性がありますから、せっかく融資をしても元金すら返ってこないことも想定できます。ですから、なるべくブラックリスト入りしている人には融資をしないという方針である消費者金融が多いわけです。

そもそもブラックリストというものがこの世に存在するわけではありません。そのような名簿があって消費者金融の間で共有されているようなイメージもありますが、ブラックリストというのは俗称であり、本来はその記録が個人信用情報機関に登録されていて、その情報を各金融業者がデータ照会できるようになっているのです。申込者の個人情報を入力すればその個人信用情報機関から過去の借り入れに関するデータが見ることができ、過去にいくら借りていくら返しているのか、そしてブラックリスト入りするようななにかトラブルなどを起こしていないかどうかもチェックされてしまいます。申告の際に他社借り入れ額を聞かれて、わざと借り入れしやすいようにと低く申告する人もいますが、このようにデータ照会されてしまいますから、嘘の報告をしても無駄です。一切その情報は業者側に伝わっていますので、嘘の情報を伝えるだけ信用問題にもつながっていきます。ひどい場合はそれが理由で審査落ちになってしまうこともありますから、そういったデータはもうすでに業者側がお見通しであるということを認識して、きちんと正しい情報を伝えるようにしましょう。

ブラックでも消費者金融から借りれることはある

借金というとあまり良いイメージをもたれていない事も多いですが、実際に銀行から住宅ローンを借り入れてマイホームを手に入れている人もいますし、クレジットカードでのショッピングもいわば借金です。そして最近は分割払いも多くなり、家電量販店では独自の分割払いサービスを提供していたり、スマートフォンを分割で支払っている人も多いのではないでしょうか。キャッシングサービスの利用者自体も多くなってきていますし、最近はよくテレビなどでも消費者金融のCMを見ることが多くあります。有名なタレントさんを使ったりしてイメージアップをはかったりしていますが、業界全体でみればなかなか大変なようです。しかしその分、業者側も審査のハードルを下げてお客さんを多く囲い込もうとしている側面もありますから、以前に比べれば融資を受けることが簡単にはなってきているようです。
ただ、その手軽さから借金を多く利用し、多重債務になってしまったりして返済が追いつかずに長期延滞してしまい、ブラックリスト入りしてしまっている人もいます。やはりブラックリスト入りしてしまうと一気に審査を通ることが難しくなり、新たにキャッシングを受けたりクレジットカードを作ったりすることができなくなります。それまでは普通に利用できていたキャッシングなども融資を打ち切られてしまうこともあります。借金に頼りすぎている生活をしてしまっていると、いざブラックリスト入りしてしまってからこの現実にぶち当たり、困っている人も多いようです。
しかし、ブラックの人が借り入れできる業者がないわけではありません。その数はそれほど多くありませんが、業者の中にはブラックの人でも対象として融資をしてくれる業者があります。ブラックの人は過去になにかしら業者側にとってもよくない理由の金融事故を起こしてしまっているわけですが、そのような人をも対象として迎え入れなければ商売が成り立たないという、規模の小さい業者があります。ほとんどの人は大手の消費者金融へ申し込みをしてしまいますから、なかなかそういった小さい業者へはお客さんがきません。ですから、大手よりも審査基準を下げて、ブラックの人でも対象として融資をしてくれるわけです。もちろん業者側にとってはまたなにかトラブルを起こされてしまう可能性もありますから、リスクは高いです。ブラックリスト入りしていない人を対象として融資していたほうが安全ですが、そういった人はほとんどがもう大手のキャッシングを利用しているでしょう。大手で断られてしまった人がこういった小さい規模の消費者金融へと流れてきます。しかしそれは、小規模の業者であればブラックの人も借り入れできている事実の証明とも言えます。
  • ライブドアブログ